home pencil coin-dollar clock undo clipboard sad question info checkmark arrow-right facebook warning mail

E-Livingが選ばれる理由

お金と時間と安心 どれも大切したい人のチョイスがE-Living 自力ワーホリ&自力留学を目指す方へ、お金と時間の節約。そして安心・安全なスタートを応援します。

お金の節約!

仮り住まいとしてホームステイやユースホステルを予約し、現地到着後に貸し部屋探しをスタートする方もいますが、到着時点で既に1ヶ月前のお部屋探しのタイミングを逃していることを知っておきましょう!ホームステイ1ヶ月滞在費用750ドル~。ユースホステル10泊の場合は、2人部屋で860ドル~。満足できる物件に出会えぬうちに、仮り住まいのホテルや外食にかかるお金と気力が尽きてしまうこともあるものです。

時間の節約!

土地感もない新しい街で、何を基準にお部屋探しをすればいいのか分からないものです。自力でお部屋を探すとなると情報収集、女性1人で行く見学も不安なうえに想像以上に時間と体力を使うものです。限られたバンクーバー滞在期間を無駄にしたくない方に、住まいの確保を第一に済ませるE-livingのサービスをおすすめします。到着時に即入居の住まいがあるとお金の節約だけではなく、学校探しやバイト探しなど、すぐに自分のやりたい事に取りかかれるので時間の節約にもなります。

安心・安全!

ご出発前に住まいを確保されると、送り出す側の家族のみなさんも一安心!ホームステイでどっぷりと英語環境につかりたい!と考える人もいますが、意思疎通が思うようにできなかったり食事が合わない、その他、門限やシャワー時間のルールに従う窮屈さからストレスになってしまう事があります。また、自力で部屋を見つけたものの到着したらお部屋がなかった、汚い物件だった、あるいは金銭トラブルやセクハラ被害にあってしまった・・・そういう余計なストレスや賃貸トラブルを避ける為にも、到着時に即入居!安心・安全な仲介サービスをご利用下さい。

利用者の声

E-Livingは、これはまでに多くのお客様にご利用いただきました。

Takuya さん

(観光ビザ)
僕がE-livingを選んだ理由は、部屋をリーズナブルに借りれ、それに付随するオプションが豊富にあったからです。「自分が出せるお金の範囲でしっかりと部屋を決め、且つ、ちょっとしたサービスで少しでも留学への不安を取り除きたい」っと思っていたので、E-livingのサービスは僕にとって凄くピッタリでした。 実際に借りた部屋も綺麗で住みやすく、大家さんやルームメイトともすぐ仲良くなれ、凄く楽しい日々を過ごせました。また、オプションサービスで空港へのお迎え、不安解消同行サービスを付けた事で空港で迷う事もなく そして入居したばかりの物件からダウンダウンへ同行してもらいアクセス方法も分かり助かりました。お蔭様でバンクーバーの街並みも知れ、日本を飛び立つ前に抱いていた不安は一気に吹き飛びました。 また、一番重要な学校選びも無料体験授業(トライアル)をして選んだ事で自分が求めていた勉強ができ、世界中に友達を沢山作る事も出来ました。日本で先に学校を決めていくのも良いと思いますが、僕は体験授業ができる現地の学校探しをお勧めします。 初めての海外で初めての留学だったので、英語もちんぷんかんぷんでしたが、納得のいく留学ができ、今ではこの留学が自分の財産になっています。E-livingを選んで本当に良かったです。

Miyu さん

(観光ビザ)
日本の大学を休学しバンクーバーに留学していました。 出発前は留学エージェントのお任せプランだったので到着時の住まいは、ホームステイしか他に方法がないものと思い込んでいましたが、日本人を含め多国籍のクラスメートに出会いほとんどの人がシェアハウスと呼ばれる貸し部屋生活をしている事を現地で知りました。 ホームステイと比べるとお家賃も安め、門限がなく、いつでも好きな時に食べたいものを作って食べれるという自由な自炊生活にも魅力を感じました。現地のお部屋探しがスムーズに行かずに困っている人も周りにいましたが、私はネットで検索してE-Livingのサイトを見つけそのお蔭でスムーズにお部屋見学ができてホッとしました。きれいな個室内に自分専用のバスルームがある点もとても気にいりました。駅近ではなかったもののバンクーバー市内だったので、ダウンタウンまでバスで通学できる範囲内で便利だったうえ、偶然にも同じエリアにお友達も数人住んでいたので私に取っては最高の住まいでした。 また、バンクーバーへ留学する機会があればぜひE-Livingへ安心・快適な日本人オンリーの物件を紹介してもらいたいと思っています。  

Eri さん

(ワーキングホリデービザ)
現地で自力でお部屋を探そうとしていたところにEリビを利用したクラスメイトに出会い、運よく紹介していただきました。 バンクーバー到着後、多国籍学生とシェアハウスして、そりが合わなかったので「次、一緒に住むなら日本人の女の子が良い」と思っていたことや、プライバシーのある個人部屋が完備されていたこと。また、退去時に次の入居者を見つける面倒がなく日本語で対応していただけることなど条件が良かったのでEリビを利用しました。 紹介してもらった物件は、日本人女性オンリー(ワーホリ・留学生)のシェアハウスでしたが、気の合うルームメイトに恵まれて本当に楽しい9か月を過ごすことができました。 家に誰かがいるときは基本的にはみんなリビングルームでガールズトークをしてあまり自分の部屋に閉じこもっていることがなかったです。掃除当番もきちんと守り、お互いに気遣いながら、常識ある対応で気持ちよく過ごせました。 駅近くでショッピングモールや、クィーンエリザベスパークも近くにありとても住みよい立地でした。キッチンはコンロも二つあって、シャワータイムや洗濯の時間を気にする必要もなく、 個人部屋の個室もちょうどいい広さで家具、収納スペースも充分で、清潔感もあり、快適でした。

Kikuyo さん

(ワーキングホリデービザ)
はじめはオーストラリアへワーホリ予定でしたが、ホームステイは絶対にしたくないという強い希望がありました。部屋を探そうにもなかなか 信頼できそうなところが見つけられず、時だけが過ぎていき焦っていたところに、他の国はどうだろうと検索してみたところ、E-Livingさん のサイトを見つけました。ブログを読んで「ここなら信頼できる!」と思いすぐに問い合わせし、E-livingさんのサイトに導かれるようにしてバンクーバーへやってきました。機械的ではなくとても丁寧に対応 してくださり、安心しておまかせして渡航することができました。 私はバンクーバーへ来てからも1度引っ越しをしましたが、迷わずE-livingさんへ再度お願いしました。シェアメイトともお鍋をしたり、朝まで語り合ったり、貸し部屋を通じても日本人との素敵な出会いがありました。 素敵なお部屋で安心し1年を過ごすことができ、とても充実した1年となり本当に感謝しております!

Mai さん

(学生ビザ)
以前、語学留学の際にホームステイを経験しました。 食事が合わない、ホストファミリーは留守で会話する機会なく 想像・期待していたものとかなり違いました。 2度目の留学チャンスが訪れた時は、ホームステイより滞在費が安い、自炊出来る、門限がない貸し部屋生活に挑戦しようと思いE-Livingさんのサービスを利用しました。Eリビさんのお部屋は清潔で住みやすい上に価格もリーズナブル! そして、 日本出発前に家が決まってたので自分で苦労して探す時間も節約できた気がします。当たり外れのあるホームステイよりも節約して、その分を外で楽しむ住まい選びに友達から、そのアイデアいいな!わたしもそうすればよかった!と言われてました。だからオススメです! 出発前の学校選びもEリビさんのサポート(無料)を利用しトーイック専門学校の後、語学学校3ヶ月通学し念願のカレッジに入学しました。国際貿易コースを専攻し、毎日パソコンと向き合ってました。無事卒業後、日本へ帰国し今後の就職活動に役立てたいと思います。ビジネスに興味が湧き今では、英文新聞やビジネス雑誌を読んだりして楽しんでます! ホームステイより滞在費が安い貸し部屋で節約した分は、レストランやカフェ巡りに使いました!バンクーバーは多国籍料理が楽しめるので、エッグベネディクトとJJBeanのカフェモカはしつこい位食べて、飲んで、友達やEリビさんにagain!?seriously!?といつも言われてました(笑)